1. ホーム
  2. 卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

卒業生の声

  • 看護学科 卒
  • 歯科衛生学科 卒
  • 理学療法学科 卒
  • 介護福祉科 卒
  • 助産学科 卒

卒業生からのメッセージ

助産学科8回生

さん

|済生会川内病院 勤務

幅広い分野の中から選択できる仕事

 総合病院の混合病棟に勤務し、7年目になります。分娩はもちろん、女性生殖器手術や化学療法をうける患者様など、女性全てのライフサイクルに関わらせて頂いています。毎日が勉強の毎日です。同僚の中には、看護学校で講義をしたり、地域で性教育や新生児訪問をするなど活躍しています。助産師が活躍できる場面は幅広いと感じています。私自身、これからの方向性をまだ模索中ですが、助産師人生において多くの出会いの中、新しいこと・興味があることにチャレンジしていきたいと思っています。

卒業生からのメッセージ

介護福祉学科27回生

さん

|社会福祉法人光陽福祉会 障害者支援施設 誠光園 勤務

利用者の言葉や笑顔が仕事の糧

 私は,障害者支援施設で勤務させていただいています。就職して1年目でまだまだ不慣れなこともありますが,職場の先輩方に支えられ,在学中に学んだ様々な知識や技術・コミュニケーションを活かし仕事に励んでいます。利用者様のためにできることも増え,利用者様からの「ありがとう」という言葉や笑顔に楽しさややりがいを毎日感じています。皆さんも同じ目標を持った仲間とともに,資格取得のための環境や設備が整った鹿児島医療福祉専門学校で,楽しく充実した学校生活を送ってみませんか。

卒業生からのメッセージ

理学療法学科2006年度卒業

さん

|公益財団法人 慈愛会 今村総合病院 スポーツ整形外科

スポーツの現場で活躍できる理学療法士を目指して

 理学療法士は近年、スポーツ現場でも必要とされる存在として認知されてきています。

 私は高校時代からスポーツに携わる仕事に就きたいと思い、現在は、今村総合病院スポーツ整形リハビリテーション部に所属しています。また、鹿児島県代表チームや大会救護活動のサポートをしており、かごしま国体、東京オリンピック・パラリンピックのサポートに向けて準備を整えています。

 今の私があるのは、南学園の先生方が親身になり、しっかりとした教育をして下さったお陰です。ぜひ、南学園で多くの仲間と共に、理学療法士を目指してみませんか。

卒業生からのメッセージ

介護福祉学科2017年卒業

さん

|社会福祉法人厚生会 特別養護老人ホーム 睦園 勤務

「学び」が現場で生かされる

 私は現在、特別養護老人ホームで利用者様の生活支援などの仕事に携わっています。現場では生活支援だけではなく、多職種とのチームでの連携や生活しやすい環境作りなど様々な視点・力が必要です。

 本校では、実際に医療福祉の現場で活躍されている先生方から、現場で必要な知識・技術、支援者としての考え方や思いやりの心を学ぶことが出来きます。また、多数の資格取得や国家試験合格・就職率ともに100%という事も強みです。

 皆さんも同じ志を持った仲間と一緒に充実した学校生活を送ってみませんか。

卒業生からのメッセージ

看護学科5回生

さん

|米盛病院ICU/ER 勤務

看護の基礎を活かせる国際救護活動

 私は、看護師として幾つかの地域、国、被災地で働く機会を頂いてきました。その基礎となる「看護師の基本」をこの学校で学びました。在学中は笑ったり泣いたりの繰り返しでしたが、同じ目標を持った仲間や先生方に助けられながら様々な事を乗り越えることができました。学生時代に学んだ事は今でも私の基礎となっています。看護師は病院で働くイメージが強いと思いますが、被災地や海外で働くなど色々な可能性を秘めています。皆さんもそんな看護師になるために本校で学んでみませんか。

卒業生からのメッセージ

理学療法学科3回生

さん

|介護老人保健施設 アンダンテ伊集院 勤務

健康を支えるそれが理学療法士

 健康とは、病気でない・弱っていないということではなく、身体的にも、精神的にもそして社会的にもすべてが満たされた状態であることをいいます。理学療法士の仕事はこれらすべてを考え、導くことができる唯一の職業だと私は思っています。理学療法士のフィールドは、医療や福祉にとどまらず、これらは地域へと広がっています。南学園ではいろんな「出会い」が待っています。同じ目標を持った仲間、経験豊富な先生、臨床実習での現場の理学療法士等多くの方と出会い、日々成長していける場所です。共に学び、共に悩み、共に考え、その人らしい人生を支えられるような知識と技術と心を身につけませんか。

卒業生からのメッセージ

助産学科2016年卒業

さん

|医療法人聖壽会 田島産婦人科 勤務

現場で活きる学び

 

 私は、助産師として生命の誕生に携わらせていただいています。出産は生命に関わるため、責任もありますが「おめでとう」と笑顔で伝えることができる環境にやりがいを感じています。

本校の授業はグループワークが多く、学生間で話し合いや協力をすることで学びを深めることができ、授業の学びとともにコミュニケーションや相手の状況をみて協力する大切さを学べました。その経験は対象との関わりにも活かすことができ、どのようなサポートが必要か考えスタッフ間や地域との連携にも役立っています。

今後も経験を積み重ね、成長していけるよう頑張っていきたいと思います。

卒業生からのメッセージ

歯科衛生学科2001年度卒業

さん

|医療法人 さこだ歯科医院 歯科衛生士チーフ

自分自身が輝きながら働ける仕事

 身体の健康はお口から、と言われるように近年ではお口の健康をしっかり管理することで健康寿命を延ばすことが可能になると言われています。

 歯科衛生士は患者さんひとりひとりの悩みを聞き、寄り添い、健康になった時に「ありがとう」と感謝のお言葉をいただけたとき、この仕事のやりがいと素晴らしさを実感することができます。

私は今、本当に仕事が楽しく、そして充実した毎日を送っています。

南学園は知識や技術だけでなく女性として、社会人としての物事の考え方や立ち振舞いなどを、基本から教えてくださいます。そしてそれは就職してから本当に役に立っています。

 卒業してからも折にふれ仕事の悩みなども親身に聞いてくださり、家族のような信頼があります。私は南学園で学ぶことができ本当に良かったと思っています。

卒業生からのメッセージ

歯科衛生学科2回生

さん

|あい歯科クリニック 勤務

一生続けられる素敵な仕事です

 本校を卒業して25年になります。その間に就職、結婚、出産、復帰を経験しました。歯科衛生士として鹿児島で働いていましたが、結婚を機に東京に移住しました。東京では同じ系列の病院歯科で勤務し、出産を機に子育てに専念していました。子供が幼稚園入園の頃、仕事復帰を考え母校を訪ねたところ、先生方が温かく迎えてくださり、就職先を探して頂きました。今は鹿児島出身の先生と共に地域医療に奮闘しています。歯科衛生士は自分の志で一生続けられる素敵な仕事です。

卒業生からのメッセージ

看護学科 5回生

さん

|鹿児島大学病院 勤務

コミュニケーションの大切さ

 卒業して17年が経ちました。現在は、精神科病棟に勤務し、心のケアに携わっています。看護の基本は「コミュニケーション」であり患者さんと接するたびコミュニケーションの大切さを感じています。在学中は、学習と実習に追われる日々でしたが、先生方や仲間に支えられ充実した学校生活でした。今、看護師として充実した仕事が行えるのは、学校生活も一つの礎になっています。みなさんも自分の目指す看護師の第一歩をこの学校で踏み出してみませんか。