1. ホーム
  2. 卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

卒業生の声

  • 看護学科 卒
  • 歯科衛生学科 卒
  • 理学療法学科 卒
  • 介護福祉科 卒
  • 助産学科 卒

卒業生からのメッセージ

介護福祉学科27回生

さん

|社会福祉法人向陽会 やまびこ医療福祉センター 勤務

毎日の学校生活が職場での財産

 私は現在,医療型障害児入所施設・療養介護事業所に勤務しています。学校では,専門の生活支援技術だけではなく介護福祉士としての心構えや考え方など,入職後の自分を支えてくれる力をつけてもらえました。勤務先は卒業生も多く活躍しており,私も優しく尊敬できる先輩と共に働き,充実した日々を過ごしています。本校で得た知識や技術はどれも現場で役に立ち,また,現在の自分を振り返る材料としてとても大切なものとなっています。皆さんも資格取得を目指し,実りの多い学校生活を送ってみませんか。

卒業生からのメッセージ

看護学科 5回生

さん

|鹿児島大学病院 勤務

コミュニケーションの大切さ

 卒業して17年が経ちました。現在は、精神科病棟に勤務し、心のケアに携わっています。看護の基本は「コミュニケーション」であり患者さんと接するたびコミュニケーションの大切さを感じています。在学中は、学習と実習に追われる日々でしたが、先生方や仲間に支えられ充実した学校生活でした。今、看護師として充実した仕事が行えるのは、学校生活も一つの礎になっています。みなさんも自分の目指す看護師の第一歩をこの学校で踏み出してみませんか。

卒業生からのメッセージ

理学療法学科3回生

さん

|介護老人保健施設 アンダンテ伊集院 勤務

健康を支えるそれが理学療法士

 健康とは、病気でない・弱っていないということではなく、身体的にも、精神的にもそして社会的にもすべてが満たされた状態であることをいいます。理学療法士の仕事はこれらすべてを考え、導くことができる唯一の職業だと私は思っています。理学療法士のフィールドは、医療や福祉にとどまらず、これらは地域へと広がっています。南学園ではいろんな「出会い」が待っています。同じ目標を持った仲間、経験豊富な先生、臨床実習での現場の理学療法士等多くの方と出会い、日々成長していける場所です。共に学び、共に悩み、共に考え、その人らしい人生を支えられるような知識と技術と心を身につけませんか。

卒業生からのメッセージ

歯科衛生学科2回生

さん

|あい歯科クリニック 勤務

一生続けられる素敵な仕事です

 本校を卒業して25年になります。その間に就職、結婚、出産、復帰を経験しました。歯科衛生士として鹿児島で働いていましたが、結婚を機に東京に移住しました。東京では同じ系列の病院歯科で勤務し、出産を機に子育てに専念していました。子供が幼稚園入園の頃、仕事復帰を考え母校を訪ねたところ、先生方が温かく迎えてくださり、就職先を探して頂きました。今は鹿児島出身の先生と共に地域医療に奮闘しています。歯科衛生士は自分の志で一生続けられる素敵な仕事です。

卒業生からのメッセージ

歯科衛生学科6回生

さん

|イシタニ小児・矯正歯科クリニック 勤務

歯科衛生士として今が一番充実しています

 母校を卒業して22年、地元の小児歯科医院に勤務して9年目を迎えました。3人目の育児が一段落したのを機に歯科衛生士に復帰したいと悩んでいたとき、母校の先生には大変親身に相談に乗っていただき、結果として現在の医院に就職することになりました。家庭と仕事の両立は決して容易ではありませんが、歯科衛生士をまとめる主任として、また小児歯科認定歯科衛生士として毎日充実した日々を過ごしております。南学園の卒業生で本当に良かったです。

卒業生からのメッセージ

看護学科5回生

さん

|米盛病院ICU/ER 勤務

看護の基礎を活かせる国際救護活動

 私は、看護師として幾つかの地域、国、被災地で働く機会を頂いてきました。その基礎となる「看護師の基本」をこの学校で学びました。在学中は笑ったり泣いたりの繰り返しでしたが、同じ目標を持った仲間や先生方に助けられながら様々な事を乗り越えることができました。学生時代に学んだ事は今でも私の基礎となっています。看護師は病院で働くイメージが強いと思いますが、被災地や海外で働くなど色々な可能性を秘めています。皆さんもそんな看護師になるために本校で学んでみませんか。

卒業生からのメッセージ

助産学科8回生

さん

|済生会川内病院 勤務

幅広い分野の中から選択できる仕事

 総合病院の混合病棟に勤務し、7年目になります。分娩はもちろん、女性生殖器手術や化学療法をうける患者様など、女性全てのライフサイクルに関わらせて頂いています。毎日が勉強の毎日です。同僚の中には、看護学校で講義をしたり、地域で性教育や新生児訪問をするなど活躍しています。助産師が活躍できる場面は幅広いと感じています。私自身、これからの方向性をまだ模索中ですが、助産師人生において多くの出会いの中、新しいこと・興味があることにチャレンジしていきたいと思っています。

卒業生からのメッセージ

助産学科15回生

さん

|のぼり病院 勤務

助産師として働くこと

 私は現在,鹿児島市の病院で助産師として働いています。まだまだ緊張と失敗の連続ですが,少しずつ助産師として働くことの楽しさを感じることが増えてきました,私が仕事でくじけそうなとき,いつも思い出すのは助産学科で過ごした1年間のことです。講義と課題に明け暮れた日々,つらかったこと以上に得ることのほうが多かった実習。同じ志をもった仲間たちと過ごした日々が,今の私の支えになっています。助産師は自分の判断ひとつでお母さんの命だけでなく赤ちゃんの命も左右する責任の重い仕事です。ですが,それ以上にお母さんと赤ちゃんの強い生命力にたくさんのパワーをいただけるやりがいのある仕事です。これからもたくさんのお母さん,赤ちゃんたちの笑顔のために頑張っていきたいと思います。

卒業生からのメッセージ

理学療法学科12回生

さん

|医療法人 中山整形外科 勤務

たくさんの方に支えられて

 どんな仕事においてもやりがいはあると思いますが、人を相手にする理学療法士は特にやりがいがあると感じています。南学園で学んでいる間は、今までの勉強とは違い悩み、戸惑い、本当にこの道を選んで良かったのかと思ったこともありました。しかし臨床実習にて患者様より「ありがとう」という感謝の言葉をいただきこの道を選んで良かったと思います。今も感謝の言葉を糧に日々頑張っています。また、一緒に学んできた仲間や先生方などの支えもあったからこそ今の私がいると感じています。不安なこともあるかもしれませんが大丈夫です。南学園ではたくさんの仲間や先生方などと出会い、共に学び、高め合い、成長していくことができます。

卒業生からのメッセージ

介護福祉学科27回生

さん

|社会福祉法人光陽福祉会 障害者支援施設 誠光園 勤務

利用者の言葉や笑顔が仕事の糧

 私は,障害者支援施設で勤務させていただいています。就職して1年目でまだまだ不慣れなこともありますが,職場の先輩方に支えられ,在学中に学んだ様々な知識や技術・コミュニケーションを活かし仕事に励んでいます。利用者様のためにできることも増え,利用者様からの「ありがとう」という言葉や笑顔に楽しさややりがいを毎日感じています。皆さんも同じ目標を持った仲間とともに,資格取得のための環境や設備が整った鹿児島医療福祉専門学校で,楽しく充実した学校生活を送ってみませんか。