学校法人 南学園 鹿児島医療福祉専門学校

  • アクセス
  • お問い合わせ・資料請求
TEL.099-251-9911

受付時間 月~金 8:30〜17:15
 土  8:30~12:00(日・祝定休)

  1. ホーム
  2. 先輩達からのメッセージ

在校生からのメッセージ

在校生の声

介護福祉学科

在校生

|開陽高等学校卒業

 私は、国家資格である介護福祉士の資格取得のために、本校に入学しました。高校が定時制ということもあり、入学当初は不規則な生活を抜け出せるのか、講義についていけるのか等多くの不安がありました。しかし、年齢の違う仲間と学習し刺激を受け、また熱心に指導してくださる先生方のおかげで、今では学ぶことの楽しさや喜びを日々感じています。
 私たち28回生から国家試験受験者となり、勉強に難しさを感じる事もありますが、介護福祉士を目指して頑張っていきたいと思います。

介護福祉学科

在校生

|鹿児島商業高等学校卒業

 私は、将来「介護福祉士」になりたいと思い本校に入学しました。入学当初は、高校時代と違う講義時間の長さや専門性に特化した講義内容、また、異なる年代のクラスメイトと上手にコミュニケーションを図ることができるのか等の多くの不安がありました。しかし、多くの行事や講義を通して、当初の不安は解消されました。
 今ではクラス一丸となって「国家試験合格」に向け、日々学習に取り組んでいます。これからも多くの事を学び、たくさんの人達から頼られる介護福祉士を目指していきたいです。

介護福祉学科

在校生

|鹿屋中央高等学校卒業

 私は、介護福祉士になる夢を叶えるために本校に入学しました。入学当初は高校とは違う90分間の講義や生活環境の変化になかなかな慣れず大変でした。今では、同じ夢を持つクラスの仲間と助け合い、毎日勉学に励み、とても充実した楽しい学校生活を送っています。
 講義は、専門的な事ばかりで難しいと感じる事が多いのですが、先生方の分かりやすい講義や先輩方のアドバイスも頼りになります。誰からも信頼される介護福祉士になるために、国家試験に合格できるよう日々頑張っています。

介護福祉学科

在校生(社会人入学者-介護福祉学科-)

|錦江湾高等学校卒業

 私は大学卒業後、一般企業に就職しましたが、介護に係る実体験から介護福祉士を目指し本校に入学しました。多くの先生方や整った環境設備の中でより質の高い専門知識を学ぶことができています。講義・演習と大変な毎日ですがz、同じ志を持つ仲間たちと年齢の差など関係なく切磋琢磨しています。
 年齢の違うクラスメイトとの日常は刺激を受けることも多く、その全てが私の日々の成長に繋がっていると思います。恵まれた環境に感謝し、介護福祉士になるためこれからも頑張りたいと思います。

歯科衛生学科

在校生

|鳳凰高等学校卒業

 私は高校時代に体験した歯科医院実習で、実際に歯科衛生士の仕事内容や院内外で活躍する姿を見る機会に触れ、この職種に興味を持ち入学を決意しました。患者様の口腔内の悩みを丁寧に聞き優しく接する姿や、笑顔を与える歯科衛生士は私の憧れです。
 毎日90分の講義時間と慣れない専門分野の講義や実習で大変ですが、同じ目標を持つ仲間と共に切磋琢磨し、常に向上心を持って知識・技術を取得していきたいです。信頼され安心感のある歯科衛生士になります。

歯科衛生学科

在校生

|串良商業高等学校卒業

 私は小学生の時から矯正歯科に通っており、歯に興味を持つようになりました。一昨年本校のオープンキャンパスに参加し、優しい先輩方や先生方と接してみて更に歯科衛生士になりたいとの思いが強くなりました。
 学校生活では国家資格取得に向けた講義だけではなく、日常生活に必要なマナーや女性らしい立ち振舞い・言葉遣いを学び、素敵な歯科衛生士になるための講義が組まれているので、目標に向かって努力し成長していきたいです。

歯科衛生学科

在校生

|指宿商業高等学校卒業

 私は高校生の時に通院していた歯科医院の担当歯科衛生士さんに憧れを抱くようになり、資格取得を目指して本校に入学しました。入学当初は慣れない通学や専門的な講義に戸惑うこともありましたが、先生方や先輩がとても優しく教えてくださり、安心して充実した日々を送ることができています。
 歯科衛生士は口腔内のことだけではなく、身体の健康の担い手でもあり、やりがいのある仕事です。講義や臨床実習を通して知識や技術を身に付け、信頼される歯科衛生士になるため努力していきたいです。

歯科衛生学科

在校生(社会人入学者-歯科衛生学科-)

|南大隅高等学校卒業

 私はこれまで歯科助手の仕事をしてきました。「噛む」ことが体の動力や全身疾患に繋がることを知り、多くの人へ口腔ケアの大切さを伝えていきたいと思い歯科衛生士を志しました。
 本校は先生方と学生の距離が近く交流を深めやすい事と、教育訓練給付金制度があることに魅力を感じました。無理なく、また年の差を感じないほど楽しく充実した日々を送っています。恵まれた環境の中で同じ志を持つ仲間と共に多くの知識と技術を身に付け、患者様に寄り添う歯科衛生士を目指しています。

理学療法学科

在校生

|武岡台高等学校卒業

 私は理学療法士になるという夢を叶えるために本校へ入学しました。入学当初、高校の時とは異なる一コマ90分の講義には慣れませんでしたが、時間を置き、講義は分かりやすくとても楽しく感じます。覚えなければならない事が多く、今まで知らなかった事ばかりなので予習・復習はしっかりしなければならないです。
 一人で勉強するのは大変ですが、同じ目標を持った仲間と助け合い、同期の頑張りを励みにして勉強しています。とても良い学校に入学できたと確信しています。

理学療法学科

在校生

|鹿児島中央高等学校卒業

 私は、医療従事者である母の影響を受けて理学療法士という職業に憧れを抱いていました。そこで県内の専門学校の中から、特に国家試験対策に力を入れていると感じた本校を選び入学しました。
 本学科の魅力は、国家試験対策がしっかりしていることだけでなく、充実した実習器具、丁寧に指導してくださる先生方、盛んなサークル活動など数多くあります。勉強に追われる日々ですが、同じ夢を持つ仲間と共に国家資格取得、そして母と並び就職するために充実した毎日を送っています。

理学療法学科

在校生

|錦江湾高等学校卒業

 私が理学療法士になろうと思ったきっかけは、高校生の頃に祖母が病気で入院したことです。お見舞いに行った時、祖母をリハビリしている理学療法士の方が一生懸命接している姿を見て、私も人の役に立つ仕事に就きたいと思うようになりました。
 三年課程の専門学校は他にもありますが、先生方が専門的な分野をとても分かりやすく教えてくださいますので、三年課程でメリハリある充実した生活が送れています。仲間と助け合い日々頑張っていきたいと思います。

理学療法学科

在校生(社会人入学者-理学療法学科-)

|鹿児島実業高等学校卒業

 私は人と関わり、人の役に立つ理学療法士になることを目指して本校に社会人入学しました。入学当初は、学習内容の多さについていけるのか不安になることもありましたが、同じ目標を持って入学した仲間や先生方の熱心なご指導のおかげで、日々勉強に励んでいます。
 今後ますます専門的な内容が増えていく中で、知識を身に付け実習を通して技術を学んでいきたいです。そして患者様に信頼され喜んで頂ける理学療法士を目標に、国家試験合格を目指して精一杯努力していきたいと思います。

看護学科

在校生

|大島高等学校卒業

 四月の入学当初から慣れない学校生活で大変なこともありましたが、熱心に指導してくださる先生方やクラスメイトのおかげで、日々夢に向け有意義な時間を過ごせていると感じています。
 本校は医療者としてあるべき姿をしっかり学ぶことができ、授業は様々な医療関係施設から講師がこられてとても充実しています、患者さんから信頼される看護師になるため、知識や技術を磨き立派な看護師になれるよう、一日一日を大切に頑張っていきたいです。後輩の皆さんも夢に向かってチャレンジしてください。

看護学科

在校生

|与論高等学校卒業

 私は看護師になるという夢を叶えるために本校に入学しました。入学当初は新しい環境に馴染めるのか、専門的内容の講義についていけるのかなど不安はありましたが、今では学校の環境にも慣れ、同じ夢を持つ仲間同士互いに切磋琢磨しながら日々勉強に励んでいます。
 授業や演習を通して学んだ知識や技術、態度を身に付けた上で、自分が理想としている看護師になれるよう努力して行こうと思います。受験生の皆さん、本校に入学し同じ夢を持った仲間と助け合いながら勉強に励んでみませんか。

看護学科

在校生

|指宿高等学校卒業

 私には助産師になるという夢があります。鹿児島には多くの看護学校がありますが、私が本校に入学したのは、助産学科を設置した学校であり、しっかりと目標を持って学校生活を送ることができると考えたからです。
 入学当初は勉強についていけるか不安でいっぱいでしたが、専門的な授業や演習、十月の初めにあった実習等を通して、先生方・先輩方・仲間から多くのことを考えてもらい支えられていると実感しました。感謝の気持ちを忘れず日々の学びを大切にしていこうと思います。

看護学科

在校生(社会人入学者-看護学科2年-)

|鹿児島高等学校卒業

 私が看護師を志した理由は、病院で介護職として働いている時に入院した患者様の様々な相談や質問にうまく対応できず、悔しく悲しい思いをしたからです。
 入学当時、勉強についていけるか、年齢の違う人たちとやっていけるか不安なこともありましたが今では同じ夢を持つ仲間と支え合いながら学び、有意義な日々を過ごしています。看護の知識を身に付け患者様の苦しみをケアでき、常に寄り添えるような看護師を目指して努力していきたいです。