学校法人 南学園 鹿児島医療福祉専門学校

  • アクセス
  • お問い合わせ・資料請求
TEL.099-251-9911

受付時間 月~金 8:30〜17:15
 土  8:30~12:00(日・祝定休)

3年制 男子・女子 定員80人

理学療法学科について

確かな技術を身につける

 現代の超高齢社会においては、「健やかで、自己実現のできる社会」を築くために、医療スタッフの一員として理学療法士(Physical Therapist)の活躍が期待されています。本校理学療法学科は、平成7年鹿児島県で最初に厚生労働大臣より認可を受け定員40人でスタートしました。その後平成14年に定員80人に増員され今日に至っています。多くの卒業生が有能な理学療法士として県内で活躍しています。
 理学療法士はリハビリテーション医療で最も重要な役目を果たす医療技術者で、身体の機能を高める運動療法、家庭や職場での動作能力を回復せさせる日常生活活動訓練などにより、障害者の方が本来持っている能力を引き出す援助を行ないます。

 本学科の目的は、理学療法士を育成することで、理学療法の発展に貢献し得る創造力・知識・技術と豊かな人間性を兼ね備えた理学療法士の育成を目指しています。

取得可能な資格等

  • 理学療法士国家試験受験資格
  • 専門士(医療専門課程)称号付与(文部科学大臣)
  • 大学編入試験受験資格

主な就職先

  • 今給黎総合病院
  • 今林整形外科病院
  • 今村病院分院
  • 大勝病院
  • オレンジ学園
  • 鹿児島市医師会病院
  • 鹿児島生協病院
  • 鹿児島大学病院
  • 鹿児島徳洲会病院
  • 青雲会病院
  • 整形外科三愛病院
  • 高田病院
  • 豊島病院
  • 南洲整形外科病院
  • 南風病院
  • ニコニコきいれグループ
  • 八反丸病院
  • 日高病院
  • 米盛病院
当校は大学への編入も可能です

主な授業の紹介

運動学

運動学は、解剖学・生理学・力学的知識を動員して人間の運動を分析します。理学療法士にとって要となる科目です。

理学療法評価学Ⅱ

障害の種類や程度を検査し治療方針を決定することを評価といいます。この科目では筋力検査の知識・技術を学びます。

運動療法学Ⅱ(中枢)

脳血管障害やパーキンソン病など、脳や脊髄に起因する病気によって起こる障害・合併症の理学療法について学びます。

装具学

運動麻痺や筋力低下で運動遂行能力が低下した場合に運動を補助する道具が装具です。装具の種類と特徴等を学びます。

義肢学

事故・病気によって切断された上肢や下肢の代用となるものが義肢です。義肢の製作・種類・特徴等を学びます。

地域理学療法学

超高齢社会における理学療法の意義と役割を学び、健康増進・予防医学に貢献しうる理学療法の可能性を学びます。

卒業生からのメッセージ

介護老人保健施設 アンダンテ伊集院 勤務

(理学療法学科3回生)

健康を支えるそれが理学療法士

 健康とは、病気でない・弱っていないということではなく、身体的にも、精神的にもそして社会的にもすべてが満たされた状態であることをいいます。理学療法士の仕事はこれらすべてを考え、導くことができる唯一の職業だと私は思っています。理学療法士のフィールドは、医療や福祉にとどまらず、これらは地域へと広がっています。南学園ではいろんな「出会い」が待っています。同じ目標を持った仲間、経験豊富な先生、臨床実習での現場の理学療法士等多くの方と出会い、日々成長していける場所です。共に学び、共に悩み、共に考え、その人らしい人生を支えられるような知識と技術と心を身につけませんか。

卒業生からのメッセージ

医療法人 中山整形外科 勤務

(理学療法学科12回生)

たくさんの方に支えられて

 どんな仕事においてもやりがいはあると思いますが、人を相手にする理学療法士は特にやりがいがあると感じています。南学園で学んでいる間は、今までの勉強とは違い悩み、戸惑い、本当にこの道を選んで良かったのかと思ったこともありました。しかし臨床実習にて患者様より「ありがとう」という感謝の言葉をいただきこの道を選んで良かったと思います。今も感謝の言葉を糧に日々頑張っています。また、一緒に学んできた仲間や先生方などの支えもあったからこそ今の私がいると感じています。不安なこともあるかもしれませんが大丈夫です。南学園ではたくさんの仲間や先生方などと出会い、共に学び、高め合い、成長していくことができます。