学校法人 南学園 鹿児島医療福祉専門学校

  • アクセス
  • お問い合わせ・資料請求
TEL.099-251-9911

受付時間 月~金 8:30〜17:15
 土  8:30~12:00(日・祝定休)

3年制 男子・女子 定員80人

看護学科について

知識と技術で優しさを活かす

 医療の高度化と急速な高齢化に伴い、看護師に寄せられる期待と役割は益々大きくなっています。病院から在宅療養への継続看護がより重要となり、一人ひとりの生活を支える力を要求されています。そのような社会の要求に応えるために、建学の理念「真愛」のもとに、入学直後から始まる基礎分野において、看護の対象である人間理解(自己理解・他者理解)につながる学習を行い、豊かな人間性を育みます。さらに科学的思考能力を学び、医療や看護の基礎となる専門的分野に進みます。専門分野・統合分野では、臨床に役立つ生きた知識と正確な技術を習得できるよう、充実した教材・設備、経験豊かな講師ならびに県内最高水準の実習病院等に学び、これからの医療を支える有能な看護師を育成します。
 本校は、三年間の密度の濃い凝縮された時間の中で「真の温もりのある心と手を持つ看護師」の育成に尽力しています。

取得可能な資格等

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師・助産師学校受験資格
  • 専門士(医療専門課程)称号付与(文部科学大臣)
  • 大学編入試験受験資格

主な就職先

  • 指宿医療センター
  • 今村病院分院
  • 大勝病院
  • 鹿児島医療センター
  • 鹿児島県立病院
  • 鹿児島厚生連病院
  • 鹿児島市医師会病院
  • 鹿児島市立病院
  • 鹿児島生協病院
  • 鹿児島大学病院
  • 霧島市医師会医療センター
  • 済生会鹿児島病院
  • 済生会川内病院
  • 青雲会病院
  • 南風病院
  • のぼり病院
  • 米盛病院  (五十音順)など
当校は大学への編入も可能です

主な授業の紹介

講義

豊かな実務経験と看護教員研修を終えた専任教員に加えて、大学・病院の医師・看護部長が外部講師として授業を担当します。真新しい階段大教室パールホールは合同講義や研究発表に活用されます。

ケーススタディ

看護学科学生の卒業論文発表として、3年次の長期臨床実習で学んだ成果をまとめ、実習病院等の実習指導者もお迎えして教員・学生の前で発表、各自の学びを全員で共有し看護観を深めます。

災害看護実習

新カリキュラム「統合分野」に災害時の看護活動を教育するための「災害看護と国際協力」が設けられました。3年生は垂水市の病院・消防による災害救急訓練に参加し、災害医療現場の緊迫した雰囲気を体感します。

学科試験

本校は大学と同じく、2学期制で90分授業です。学科目ごと、前期あるいは後期授業終了時には終講試験があり合格しないと進級できません。卒業式の1か月前に受験する国家試験に合格するためにも普段のたゆまぬ学習が大切です。

実習前の相互練習

3年次の長期臨床実習では、実習病院の入院患者様に学生が直接看護を提供させて頂く機会が多く、実習に出る前には学校内での練習が欠かせません。学生は互いに患者役・看護師役を務め評価しあい、知識と技術を確認して実習に臨みます。

技術試験

学校内の実習で学んだ看護技術を実習先の病院で確実に実施できるためには、十分な知識と反復練習が必要です。学科専任教員は技術試験を通じて、学生が自信を持って臨床実習に出られるようサポートします。

卒業生からのメッセージ

鹿児島大学病院 勤務

(看護学科 5回生)

コミュニケーションの大切さ

 卒業して17年が経ちました。現在は、精神科病棟に勤務し、心のケアに携わっています。看護の基本は「コミュニケーション」であり患者さんと接するたびコミュニケーションの大切さを感じています。在学中は、学習と実習に追われる日々でしたが、先生方や仲間に支えられ充実した学校生活でした。今、看護師として充実した仕事が行えるのは、学校生活も一つの礎になっています。みなさんも自分の目指す看護師の第一歩をこの学校で踏み出してみませんか。

卒業生からのメッセージ

米盛病院ICU/ER 勤務

(看護学科5回生)

看護の基礎を活かせる国際救護活動

 私は、看護師として幾つかの地域、国、被災地で働く機会を頂いてきました。その基礎となる「看護師の基本」をこの学校で学びました。在学中は笑ったり泣いたりの繰り返しでしたが、同じ目標を持った仲間や先生方に助けられながら様々な事を乗り越えることができました。学生時代に学んだ事は今でも私の基礎となっています。看護師は病院で働くイメージが強いと思いますが、被災地や海外で働くなど色々な可能性を秘めています。皆さんもそんな看護師になるために本校で学んでみませんか。