学校法人 南学園 鹿児島医療福祉専門学校

  • アクセス
  • お問い合わせ・資料請求
TEL.099-251-9911

受付時間 月~金 8:30〜17:15
 土  8:30~12:00(日・祝定休)

1年制 女子 定員25人

助産学科について

女性の一生をサポートします

 助産師は女性や家族に寄り添い、生涯にわたる女性の健康を支える専門職です。近年、わが国の母子を取り巻く厳しい状況が報告されています。産科医不足による施設の減少、少子化、晩婚化、育児不安、虐待、ハイリスク妊婦の増加、情報過多による医療の質への期待など多種多様な問題があります。これらのニーズに対応する助産師は質の充実が求められています。
 本学科は1年過程で看護教育課程修了者のみが入学できます。教育展開として、講義で理論を学び、演習、その後臨地実習へ結び付けます。安心、安全な分娩介助、健やかな子どもを生み育てるための支援、思春期の性教育や更年期女性の相談など女性の一生をサポートするために必要な専門知識・技術を修得し主体的に活動できる助産師の育成を目指しています。

【出願資格】
1.看護師学校又は看護師養成所を卒業した者 (平成30年3月卒業見込みの者を含む)
2.外国の看護師学校を卒業し、又は外国において看護師免許を取得した者で、厚生労働大臣が前記 1 に掲げる者と同等以上の知識と技能を有すると認めた者

取得可能な資格等

  • 助産師国家試験受験資格
  • 受胎調節実地指導員申請資格

主な授業の紹介

母親学級

研究発表

校内実習

講義

臨地実習

分娩演習

卒業生からのメッセージ

のぼり病院 勤務

(助産学科12回生)

わたしの一生の財産

 私は看護師として産婦人科に勤め「今以上にお母さんと赤ちゃんに寄り添える存在になりたい!」と思い助産学科に進みました。学校での1年間は本当に大変でしたが、同じ志を持つ仲間と励まし合い、周囲に支えられ「助産師」という一生の財産を手にすることが出来ました。母子双方の命を預かる現場は厳しく、緊張する場面も多々あります。今でもまだ自分の力不足を痛感し落ち込む毎日です。しかしそれ以上に、幸せと笑顔をもらえる本当に素敵な職業だと思います。これまでに出逢い、多くのことを教えていただいたお母さんと赤ちゃんへの感謝の気持ちを忘れず、これからも頑張っていきたいと思います。

卒業生からのメッセージ

済生会川内病院 勤務

(助産学科8回生)

幅広い分野の中から選択できる仕事

 総合病院の混合病棟に勤務し、7年目になります。分娩はもちろん、女性生殖器手術や化学療法をうける患者様など、女性全てのライフサイクルに関わらせて頂いています。毎日が勉強の毎日です。同僚の中には、看護学校で講義をしたり、地域で性教育や新生児訪問をするなど活躍しています。助産師が活躍できる場面は幅広いと感じています。私自身、これからの方向性をまだ模索中ですが、助産師人生において多くの出会いの中、新しいこと・興味があることにチャレンジしていきたいと思っています。